漆喰の特徴、性質

 漆喰は施工後、空気中の二酸化炭素を吸収し        

        硬化していく地球に優しい左官材料です。

     
 漆喰は、とても優れた吸放湿性能があります。その為、   

  結露をおこしにくく、カビやダニの発生をおさえます。

        (タバコ等の消臭効果があります。)


     


漆喰は不燃性の為万一の火災時にも安全性が高いです。

(化学合成建材は、有毒ガスを発生する恐れがあります。)

    

     


漆喰は、施工後、長い年月をかけて漆喰の主成分である,

 石灰(石灰岩)と同じ成分の炭酸カルシウムに戻ります。

身体や環境にやさしい、多くの機能を持った左官材料です。